教会からのお知らせ

田園2015年1月号 巻頭言

田園1月号 巻頭言 信徒発見一五〇周年 主任司祭 ドミニコ竹内正美神父   明けましておめでとうございます。 新しい年が皆様方にとって恵み豊かな年となるようお祈りいたします 一八六五年三月十七日は日本カトリック […]

田園12月号 巻頭言

田園12月号 巻頭言  受肉の神秘  助任司祭 アウグステイヌス 桑田拓治神父    司牧神学の第一原理に受肉化の原理」があります。「受肉化の原理」とは、「今ここで神の御旨が実現しようとするダイナミズム」をあらわす用語で […]

田園11月号 巻頭言

田園11月号 巻頭言  兄弟の皆さん お元気ですか ザベリオ・イドヤガ神父   主の平和! 皆さん、お元気ですか?やっと、皆様に連絡を取る余裕がとれました。連絡が遅れた理由は“トラックいっぱい”ありますが、ここ […]

田園9、10月号 巻頭言

田園9、10月号 巻頭言 帰 属 意 識 主任司祭 ドミニコ竹内正美神父  カトリック田園調布教会に着任してはや、十年目に入りました。十年「ひと昔」と言われます。私も「昔の人」に?なったひとりです。 教会報「田園」に「帰 […]

田園8月号 巻頭言

田園8月号 巻頭言 初めまして 協力司祭 ルドヴィコ茨木小平正寿神父    わたしはこのたび、田園調布教会に協力司祭として着任しました小平神父と申します。東京の世田谷の瀬田に生まれ、瀬田で育ちました。九歳のときに初めてフ […]

田園7月号 巻頭言

田園7月号巻頭言 助祭叙階のお恵みを頂いて 助祭 アシジのフランシスコ 今井 慶    私は、三月二十八日金曜日に、田園調布教会大聖堂にて助祭叙階の恵みを受けました。この恵みの時に多くの方々からご厚意 を賜ったことを深く […]

田園6月号 巻頭言

イエス・キリストを通しての神との出会い 協力司祭ザベリオイドヤガ神父   「出会い」という言葉は、人間にとって基本的な言葉であり温かい言葉でもある。人間は誰でも出会うために生まれてきたのである。現代の哲学者は、“人間は「 […]

田園5月号 巻頭言

わたしは復活でありいのちである  主任司祭ドミニコ竹内正美神父   わたしたちは先月の二十日、喜びのうちに復活祭を迎え、お祝いをしました。 「主の復活祭」はわたしたちにとって「大きな慰めと希望」が与えられたことを、改めて […]

田園4月号 巻頭言

世の不快の中にも喜びの場所がある 2 協力司祭 ザベリオイドヤガ神父 先月号の「田園」ではパパフランシスコの人格や彼が書かれた回勅(勧告)の幾つかのポイントについて書きました。お読みになったでしょうか?今回も引き続き、回 […]

田園3月号 巻頭言

世の不快の中にも喜びの場所がある 協力司祭 ザベリオイドヤガ神父    逃れられない世界中の不快の中、二〇一三年十一月二十五目(王であるキリストの大祝日)に、突然、人類にとって喜び、希望と美を愛する素晴らしい方が産み出さ […]

今週のお知らせ

田園2015年1月号 巻頭言

田園1月号 巻頭言 信徒発見一五〇周年 主任司祭 ドミニコ竹内正美神父   明けましておめでとうございます。 新しい年が皆様方にとって恵み豊かな年となるようお祈りいたします 一八六五年三月十七日は日本カトリック […]

田園12月号 巻頭言

田園12月号 巻頭言  受肉の神秘  助任司祭 アウグステイヌス 桑田拓治神父    司牧神学の第一原理に受肉化の原理」があります。「受肉化の原理」とは、「今ここで神の御旨が実現しようとするダイナミズム」をあらわす用語で […]

田園11月号 巻頭言

田園11月号 巻頭言  兄弟の皆さん お元気ですか ザベリオ・イドヤガ神父   主の平和! 皆さん、お元気ですか?やっと、皆様に連絡を取る余裕がとれました。連絡が遅れた理由は“トラックいっぱい”ありますが、ここ […]

田園9、10月号 巻頭言

田園9、10月号 巻頭言 帰 属 意 識 主任司祭 ドミニコ竹内正美神父  カトリック田園調布教会に着任してはや、十年目に入りました。十年「ひと昔」と言われます。私も「昔の人」に?なったひとりです。 教会報「田園」に「帰 […]

田園8月号 巻頭言

田園8月号 巻頭言 初めまして 協力司祭 ルドヴィコ茨木小平正寿神父    わたしはこのたび、田園調布教会に協力司祭として着任しました小平神父と申します。東京の世田谷の瀬田に生まれ、瀬田で育ちました。九歳のときに初めてフ […]

田園7月号 巻頭言

田園7月号巻頭言 助祭叙階のお恵みを頂いて 助祭 アシジのフランシスコ 今井 慶    私は、三月二十八日金曜日に、田園調布教会大聖堂にて助祭叙階の恵みを受けました。この恵みの時に多くの方々からご厚意 を賜ったことを深く […]

田園6月号 巻頭言

イエス・キリストを通しての神との出会い 協力司祭ザベリオイドヤガ神父   「出会い」という言葉は、人間にとって基本的な言葉であり温かい言葉でもある。人間は誰でも出会うために生まれてきたのである。現代の哲学者は、“人間は「 […]

田園5月号 巻頭言

わたしは復活でありいのちである  主任司祭ドミニコ竹内正美神父   わたしたちは先月の二十日、喜びのうちに復活祭を迎え、お祝いをしました。 「主の復活祭」はわたしたちにとって「大きな慰めと希望」が与えられたことを、改めて […]

田園4月号 巻頭言

世の不快の中にも喜びの場所がある 2 協力司祭 ザベリオイドヤガ神父 先月号の「田園」ではパパフランシスコの人格や彼が書かれた回勅(勧告)の幾つかのポイントについて書きました。お読みになったでしょうか?今回も引き続き、回 […]

田園3月号 巻頭言

世の不快の中にも喜びの場所がある 協力司祭 ザベリオイドヤガ神父    逃れられない世界中の不快の中、二〇一三年十一月二十五目(王であるキリストの大祝日)に、突然、人類にとって喜び、希望と美を愛する素晴らしい方が産み出さ […]